みなと新聞電子版

2017年11月24日(金)

マルエツがウナギ資源対策協に寄付

  • 2017年09月05日 19時00分 配信

この記事は会員限定です。電子版にお申し込み頂くとご覧いただけます。

20日間無料のお試し版も用意しております。「お申し込み」よりお進み下さい。

関連記事

築地市場 活ウナギ販売ピーク、1割安も数量例年並み

  • 2017年07月24日 19時00分 配信

 【築地】25日の土用の丑(うし)の日に向け、築地市場は24日に活ウナギの販売のピークを迎えた。同日の相場は産地の単価安を受け前年同期比1割安だったものの、販売数量は前年同期並みとなった。  卸によると「毎年固定の仲卸に仕向けるため、取扱量は相場の変動の影響を受けなかった」という。  メーンは…

阪和興業ウナギ扱い アメリカ種拡充し倍増狙う  【連載】土用の丑 ウナギ商戦大詰めへ!〈4〉

  • 2017年07月05日 19時00分 配信

 阪和興業は今期、アメリカ種(アンギラ・ロストラータ)を中心にウナギ輸入販売の拡大を目指す。扱い全体に占めるアメリカ種の割合を7割まで引き上げ、全体で前年比倍増の500トンを計画。一昨年並みに引き戻す。アメリカ種はまだなじみが薄いが、マーケットを掘り起こすべく、販売に注力する。  同社の取り扱い…

「仔魚用餌の開発を」 大規模水槽も急務  水研機構、ウナギ完全養殖へ課題整理

  • 2017年07月27日 19時00分 配信

 水産研究・教育機構ウナギ種苗量産研究センターの田中秀樹量産基盤グループ長は22日、東京都内でニホンウナギの完全養殖技術について講演した。今後の課題として、仔魚用の餌作りや水槽開発を掲げた。  田中グループ長が最大の課題に挙げたのが、仔魚用の餌の開発。ウナギ仔魚は、ワムシなど他魚種仔魚用の飼料に…

新日本科学が閉鎖循環でウナギ稚魚生産  3年内に1万尾供給へ

  • 2017年11月14日 19時00分 配信

 医薬品開発の受託研究機関、新日本科学(東京都中央区、永田良一会長兼社長)はこのほど、地下水をろ過して再利用する閉鎖式循環陸上養殖システムを開発し、人工ニホンウナギ稚魚の生産に世界で初めて成功した。海水をかけ流して養殖する従来方法よりランニングコストを大幅に削減できるという。今後3年以内に稚魚1…

記事カレンダー

2017年10月
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30