みなと新聞電子版

2017年10月19日(木)

焼津などカツオ・メバチ在庫ピンチ 中台ビンナガが冷蔵庫圧迫

  • 2017年09月21日 19時00分 配信
カツオ、メバチ、キハダの保管庫腹不足が問題になっている
 カツオ・マグロの水揚げ基地である静岡県焼津、藤枝、清水では現在、冷蔵庫の空き不足が問題となっている。8月中旬の連休明けに中国や台湾からビンナガが集中的に輸入されたため。養殖ミナミマグロも同時に入庫し、「(両地区の)倉は満杯に近い」(マグロ加工業者)。現在、原料不足が顕著なカツオ、メバチ、キハダマグロを在庫したくてもできない状態だ。在庫圧迫の主因であるビンナガをいかにさばくかが鍵となりそうだ・・・

この記事は会員限定です。電子版にお申し込み頂くとご覧いただけます。

20日間無料のお試し版も用意しております。「お申し込み」よりお進み下さい。

関連記事

【先行配信】静岡地裁が音代漁業の破産手続き開始

  • 2017年10月18日 14時20分 配信

 【静岡】カツオマグロ漁業・製品販売の音代漁業(静岡市)について静岡地裁は10日、破産手続きを開始した。船や在庫商品の売却で負債の返済を図っていたが、9月12日に同地裁は民事再生手続きを廃止していた。破産管財人は伊藤みさ子弁護士(静岡市葵区伝馬町9の10 NTビル601、静岡・市民法律事務所)。 …

音代漁業の民事再生手続き廃止  静岡地裁 確定債務24億円

  • 2017年09月19日 19時00分 配信

 2月9日に民事再生手続き開始の申し立てを行ったカツオ・マグロ漁業、製品販売の音代漁業(静岡市)について、静岡地裁は12日、民事再生手続きの廃止を決めた。8日時点の確定再生債権者数は137人で、確定債権総額は24億743万1464円。海外巻網船2隻や遠洋カツオ一本釣船3隻などの資産を売却し、現在、…

遠洋カツオ釣船1隻増27隻体制へ  「第三十七明豊丸」が進水、来春操業

  • 2017年08月22日 19時00分 配信

 明豊漁業(宮城県塩釜市、松永賢治社長)の499トン型遠洋カツオ一本釣船「第三十七明豊丸」が21日、三保造船所(静岡市)で進水した。操業開始は来年3月の予定。遠洋一本釣船は1日時点、26隻が許可を受けており、新船は27隻目となる。同社所有船としては3隻目。  遠洋一本釣漁業は漁業資材の高騰で厳し…

記事カレンダー

2017年09月
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31