みなと新聞電子版

2017年11月21日(火)

米国マツイカ、八戸市場に試験上場へ 11日 国内外不漁で高い関心

  • 2017年10月04日 19時00分 配信
 【八戸】青森県・八戸市場で11日、米国産マツイカ(カナダイレックス)の試験販売が行われる。同市場で米国産マツイカを販売するのは初めて。商社が輸入した約72トンが上場される予定で、販売価格が注目されている。

 米国産マツイカは同国東海岸沖の北西大西洋沿岸で、沖合底引網で漁獲している。日本国内でもスルメイカに代わる加工原料として過去にも利用されていたが、より安定確保できるアルゼンチン・マツイ・・・

この記事は会員限定です。電子版にお申し込み頂くとご覧いただけます。

20日間無料のお試し版も用意しております。「お申し込み」よりお進み下さい。

関連記事

調査トビイカ値ごろ2800円  八戸市場に前回の3倍4690ケース

  • 2017年08月08日 19時00分 配信

 【八戸】青森県八戸市の八戸港で8日、水産研究・教育機構の調査による船凍トビイカの販売があった。今回は5月から南方公海で行われていた2回目の調査での漁獲物。3月の1回目に比べ3倍近い4690ケース(1ケース8キロ)を水揚げ、上場した。一部サイズで売れ残りがあったが、価格は1ケース2800~2000…

【先行配信】8月末在庫、ビンナガ5割増  スルメイカ2カ月連続増

  • 2017年10月11日 14時20分 配信

 水産庁の冷蔵水産物流通調査によると、8月末時点の全国水産物在庫は前年同月比5%増の89万8930トンだった。  ビンナガが潤沢な入庫により53%増の1万2574トンと、2014年以降、8月末では最も多い在庫量となった。サバが22%増の8万9568トン、イカ類は14%増の4万2832トン。このうち…

トビイカ夏季調査へ  冬季に続き2回目、代替へ公海資源など

  • 2017年05月26日 20時00分 配信

<<<8月、八戸港で販売>>>  水産研究・教育機構の2回目の南方公海トビイカ調査に向け22日、青森・八戸港から大型イカ釣漁船「第30海洋丸」が出航した。1回目の冬季の調査に加え今回は、夏季の回遊、群の分布など資源状況を把握するのが目的。8月上旬に同港に漁獲物を水揚げし販売する予定。…

記事カレンダー

2017年10月
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30