みなと新聞電子版

2017年11月24日(金)

生スルメイカ、凶漁の前年から4割減 9月全国水揚量 『こちら漁況情報部』

  • 2017年10月13日 20時00分 配信
 生鮮スルメイカの水揚げが依然振るわない。漁業情報サービスセンターによると、9月の全国主要港生鮮スルメイカ水揚量は不漁だった前年をさらに下回り、前年同月比43%減の5199トン。10月に入り北海道稚内周辺の沿岸海域や太平洋側で底引船がまとまって漁獲したが、「局所的な漁獲」(同センター)とみる。

 道東で漁獲はほぼなく、漁場は利尻―積丹周辺の沿岸域にできている。7~8月にかけて好調だった主要・・・

この記事は会員限定です。電子版にお申し込み頂くとご覧いただけます。

20日間無料のお試し版も用意しております。「お申し込み」よりお進み下さい。

関連記事

生鮮スルメイカ 巻網好発進、八戸4割増  『こちら漁況情報部』

  • 2017年07月29日 19時00分 配信

 生鮮スルメイカの八戸の巻網漁が23日解禁し、水揚げは好発進となった。漁業情報サービスセンターによると、水揚げ初日の26日は昨年解禁日と比べ2・3倍の448トン。八戸は巻網漁の好影響を受け、1~26日までの水揚量が前年同期比約4割増の849トンとなった。  ただ、全国的な生鮮スルメイカの水揚げは…

生鮮スルメイカ 八戸巻網漁は低調  『こちら漁況情報部』

  • 2017年09月02日 19時00分 配信

 青森・八戸沖の生鮮スルメイカ巻網漁は低調に推移している。漁業情報サービスセンターによると、主水揚げ地である八戸港の8月水揚量は過去5年同月平均比7割減の1194トン。全国主要港の合計水揚量は6割減の3993トンにとどまっている。加工原料の不足が続く中、1日に解禁した三陸沖の沖底漁に期待が集まる。 …

生鮮スルメイカ、不漁の前年から4割減  9月水揚量 冷凍物は7割増

  • 2017年11月14日 19時00分 配信

 JF全漁連によると、9月の全国スルメイカ水揚量(生鮮・冷凍含む)は前年同月比21%減の9241トンにとどまった。9月に入って冷凍船による漁模様が回復したが、生鮮イカの不漁が影響、生鮮物は38%減の6038トンだった。  生鮮物は北海道から三陸にかけて不調だった前年同月をさらに下回った。北海道の…

生鮮ブリ 三陸、日本海で漁続く  1~14日、3割増 『こちら漁況情報部』

  • 2017年11月18日 19時00分 配信

 漁業情報サービスセンターによると、1~14日の全国主要漁港の生鮮ブリ(幼魚含む)累計水揚量は前年同期比30%増の1781トンだった。太平洋側は三陸沖、日本海側は福井県沿岸から隠岐諸島と、山口県見島沖などで漁がまとまった。今後は日本海の現在の漁場と、太平洋側の銚子以北での水揚げがメーンとなる見通し…

記事カレンダー

2017年10月
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30