みなと新聞電子版

2017年11月21日(火)

太平洋貿易、アリババ使い中国へ攻勢 ブリやマグロ販路開拓、マルハニチロも出展

  • 2017年10月13日 20時00分 配信
九州経済連合会水産部会で進捗を報告した
 【福岡】太平洋貿易(福岡市、浅田雅宏代表取締役)は中国ネット通販最大手のアリババを活用した養殖魚の海外販路開拓事業を始めた。アリババのサイト内にホームページ(HP)を作成。ブリやマグロの商品情報を掲載し、海外バイヤーから問い合わせがあれば出展者に通知する。11日に福岡県内であった九州経済連合会(九経連)水産部会で進捗(しんちょく)を報告した。

 事業は九経連の委託で実施。事業費200万円・・・

この記事は会員限定です。電子版にお申し込み頂くとご覧いただけます。

20日間無料のお試し版も用意しております。「お申し込み」よりお進み下さい。

関連記事

奄美養魚が南さつまに種苗センター  市と立地協定、来春完成へ

  • 2017年05月29日 19時00分 配信

<<<カンパチ30万尾、天然から転換>>>  【鹿児島】マルハニチロの100%子会社でカンパチ、マグロ養殖を手掛ける奄美養魚(鹿児島県瀬戸内町、内藤信二代表取締役)は同県南さつま市内に「南さつま種苗センター」を新設する。センターではカンパチの人工種苗を年間30万尾生産する見通し。26…

記事カレンダー

2017年10月
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30