みなと新聞電子版

2017年11月21日(火)

中島水産 アラスカタラバ販促 年末商材動向(下)

  • 2017年10月23日 19時00分 配信
品見会は横浜センターで開いた
 鮮魚専門量販店の中島水産(東京・築地、中島明社長)が17日の年末品見会で説明した年末商材の動向販売方針は次の通り。



 <カニ>
 ロシア産タラバは国内搬入量が3000トンから2000トンへと減り、原料価格が1割高。一方、11月に搬入するアラスカ産タラバは前年より現地価格が下がったため、内販価格も下がる見通し。同社の一押しは、出荷直前に解凍、蒸し工程を入れた「釜茹でたらばかに」。「茹でた・・・

この記事は会員限定です。電子版にお申し込み頂くとご覧いただけます。

20日間無料のお試し版も用意しております。「お申し込み」よりお進み下さい。

関連記事

味付けイクラ北海道産1万円超 築地市場  年末商材軒並み高値、売れ行き懸念

  • 2017年11月02日 05時00分 配信

 【築地】築地市場の塩干、合物関係の買参人、仲卸は10月27日、合同で年末商品動向研修会を開き、築地卸の担当者を講師に迎え、年末商戦の見通しについて意見交換した。イクラ、カニなど主要商材が原料高に伴う製品高となっており、年末の売れ行きを懸念する声も聞かれた。商材別動向は次の通り。 <<<北…

記事カレンダー

2017年10月
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30