みなと新聞電子版

2017年11月21日(火)

日本水産が持続利用シンポ協賛 討論会も 都内で27日

  • 2017年10月25日 19時00分 配信

この記事は会員限定です。電子版にお申し込み頂くとご覧いただけます。

20日間無料のお試し版も用意しております。「お申し込み」よりお進み下さい。

関連記事

日本水産が料理素材のスケソウミンチ投入  秋冬新商品85品、186億円目指す

  • 2017年07月26日 19時00分 配信

 日本水産は2017年秋冬新商品として85品を発売する。うち新商品が59品、リニューアル26品。新商品で64億5000万円、リニューアル品で121億5600万円、合計186億600万円の売り上げを目指す。  水産品は11品全てが新商品。中でもスケソウダラを使った素材用ミンチ「お魚だけのパラパラミ…

日本水産 エビ陸上養殖18年度200トンへ  事業化、新拠点を視野

  • 2017年07月06日 19時00分 配信

 日本水産(東京都港区、大木伸介社長)は鹿児島県南九州市で進めているバナメイの陸上養殖について、2018年度に年産200トンを目指す。18年度までに品質や生産コストのデータを集め、事業化を検討する。事業化する場合は鹿児島や宮崎で新たな生産拠点を設置することも視野に入れる。  同社のバナメイ陸上養…

【決算】日本水産4~6月期 家庭用冷食、水産好調  食品は3%増収555億円

  • 2017年07月25日 19時00分 配信

 日本水産(大木伸介社長)の2017年4~6月期の水産事業(単体)の売上高は前年同期比11%増の341億円と大幅伸長となった。「非常に価格も堅調に推移。サケ・マス、マグロが良かった他、養殖ブリと養殖ギンザケが昨年と比べ生産量を増やすことができたため」(小林雄二執行役員)  一方、食品部門(単体)…

日本水産の水産 通期営業益105億円へ  4~6月期は全魚種黒字

  • 2017年08月08日 19時00分 配信

 日本水産の的埜明世取締役専務執行役員は7日に開いた水産事業説明会で、今期の水産事業業績見通しについて「海外は好調。あとは国内がどれだけ頑張れるか」と、近年最高となる営業利益計画105億円達成に自信をみせた。同事業の2017年4~6月期連結業績は売上高が前年同期比5%増の664億2700万円、営業…

記事カレンダー

2017年10月
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30