みなと新聞電子版

2017年11月21日(火)

丸久 テレビ効果でアカモク売上高7倍 【連載】『スーパー生協 売れた商品はこれだ!』〈64〉水産・17年9月

  • 2017年10月26日 19時00分 配信
 山口県内を中心に90店舗を展開する丸久(山口県防府市)の9月の水産部門売上高はアニサキス禍の影響を引きずり、刺身などの生食が不振で前年同月比4%減となった。主力となるサンマや秋サケの不漁を受け品ぞろえにも苦戦。前年同月より土曜が1日多かったが、厳しい状況だった。生鮮食品部の松下守水産部長に9月の販売動向と今後の販売戦略について聞いた。

<<<残暑でウナギ好調>>>
<<&l・・・

この記事は会員限定です。電子版にお申し込み頂くとご覧いただけます。

20日間無料のお試し版も用意しております。「お申し込み」よりお進み下さい。

関連記事

藤本商店 売上比率2割の鮮魚微増  【連載】『スーパー生協 売れた商品はこれだ!』〈57〉鮮魚・17年6月

  • 2017年07月06日 19時00分 配信

 藤本商店(山口県下関市、藤本尚之社長)が運営する「Fサニー吉見店」の鮮魚売り場は、生きたアカイカやアナゴなど高鮮度の地魚に目を見張る。魚をかごに入れようとすると横から「この魚はもうやめとった方がいいよ。子を落として旬を逃しちょる」と、客である地元の高齢の女性たちが”目利き“して助言してくれる。 …

コープこうべ 養殖切り身22%増  マダイや境港サーモン好評  【連載】『スーパー生協 売れた商品はこれだ!』〈55〉コープこうべ(神戸市)水産・17年4月

  • 2017年06月08日 19時00分 配信

 【神戸】生活協同組合コープこうべの4月の店舗供給高(売上高、160店舗)は前年同月比2・3%増だった。養殖切り身や生食加工品、ウナギ、チリメンが特に好調。また、水産全体の単価が2%アップしたことも要因のひとつ。一方で、アニサキスの報道で生鮮魚やお造りは苦戦した。店舗商品部水産チームの岩崎たかし担…

岡田水産 アイスランド漁業会社と業務提携  サバ1200トン直接仕入れへ

  • 2017年10月25日 19時00分 配信

 岡田水産(山口県長門市、岡田昌之社長)はアイスランドの漁業会社「VSV社」に株式の一部を譲渡し、業務提携を結んだ。「日本との関係を密にしたい」というVSV社側の申し出に応じたもので、当面はサバを中心に買い付けをする。  岡田水産はシシャモのトップメーカーとして知られるが、近年、サバ、イカ、サン…

記事カレンダー

2017年10月
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30