みなと新聞電子版

2017年11月23日(木)

宮城カキ養殖に被害 貝落下や施設損壊 台風21号 ギンザケやノリにも打撃

  • 2017年10月28日 19時00分 配信
 宮城県がまとめた台風21号による水産関連被害は26日現在、2億7100万円に上る。カキやノリなどの養殖生産物が落下・流出した他、養殖施設の破損などの被害があった。

 同日まで石巻市、塩釜市、仙台市、女川町、亘理町で被害の報告がある。漁船は14隻、3500万円の被害。水産物被害はカキの落下やノリの流失が2億900万円。カキやノリ、ギンザケの養殖施設破損が2400万円の被害となっている。県の・・・

この記事は会員限定です。電子版にお申し込み頂くとご覧いただけます。

20日間無料のお試し版も用意しております。「お申し込み」よりお進み下さい。

関連記事

宮城・養殖生カキ 出荷29日に県内統一  振興連絡調整会議、GI登録年内にも申請

  • 2017年09月25日 19時00分 配信

 【仙台】宮城県やJFみやぎなどは22日、第2回宮城県カキ養殖振興連絡調整会議を開き、県産むき生カキの県内統一出荷開始日を今月29日とすることを確認した。会議では県産カキのさらなるブランド化として、「みやぎの生かき」(仮称)として地理的表示(GI)保護制度登録申請に向けて取り組んでいくことを合意。…

垂下式イカダにハイテクFRPパイプ  軽くて長持ち 愛媛の養殖業者が採用

  • 2017年10月11日 19時00分 配信

 愛媛県宇和島市の平浦で真珠養殖を営む山本時也さんはこのほど、宇部エクシモ(小塚健次社長)のFRP(繊維強化プラスチック)製パイプ「コンポーズ●」で組み立てた垂下式イカダを導入した。竹や間伐材、鋼管が主流の従来のイカダに比べて作業性が良くて軽くて強く、長持ちする「コンポーズ●」の機能に着目。愛媛県下…

カキ商品開発も情報戦、Tカード会員6000万人分析  フィッシャーマンジャパンが3品

  • 2017年10月05日 19時00分 配信

 三陸の若手生産者でつくるフィッシャーマンジャパン(宮城県石巻市、阿部勝太代表理事)はTカードを活用し、カキの商品開発を行った。Tカード会員6000万人の中から「魚介好き」をデータ分析により抽出。9人の魚介好き会員、ヤフー、マルエツ、マミーマート、ヤオマサなどの流通業者とともに3品のカキ製品が完成…

記事カレンダー

2017年10月
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30