みなと新聞電子版

2017年11月21日(火)

クロマグロ定置共同枠廃止検討 小型魚管理で水産庁

  • 2017年10月31日 19時00分 配信
 水産庁が太平洋クロマグロ小型魚(30キロ未満、以下小マグロ)について、定置網の共同漁獲枠(以下定置枠)を2018年漁期(定置では18年7月~19年6月)以降の廃止を検討し始めた。

 今年漁期、北海道が定置枠内で割り当てられた量の10倍を超えて多獲。国は中西部太平洋マグロ類委員会(WCPFC)で決まった小マグロ漁獲枠を守るため、定置枠に参加する他県に漁獲抑制を求めている。ただ、抑制を求めら・・・

この記事は会員限定です。電子版にお申し込み頂くとご覧いただけます。

20日間無料のお試し版も用意しております。「お申し込み」よりお進み下さい。

関連記事

【先行配信】8月末在庫、ビンナガ5割増  スルメイカ2カ月連続増

  • 2017年10月11日 14時20分 配信

 水産庁の冷蔵水産物流通調査によると、8月末時点の全国水産物在庫は前年同月比5%増の89万8930トンだった。  ビンナガが潤沢な入庫により53%増の1万2574トンと、2014年以降、8月末では最も多い在庫量となった。サバが22%増の8万9568トン、イカ類は14%増の4万2832トン。このうち…

太平洋クロマグロ 17年330トン減枠に  16年の超過分差し引く

  • 2017年08月03日 19時00分 配信

 水産庁は2日、2016年漁期の太平洋クロマグロ漁獲量が漁獲枠を超過したことを踏まえ、17年漁獲枠から超過した333・5トンを差し引くと発表した。16年に枠を超過した都道府県が17年以降の枠を減らす。  同種の漁獲枠は39都道府県ごとに枠を振り分けている。16年漁は25道府県で合計586・7トン…

水産庁 刺身マグロ10%減予想  4~6月供給 卸売価格1割高

  • 2017年06月12日 19時00分 配信

 4~6月の刺身マグロ類供給量は前年比3~10%減少しそうだ。水産庁が9日に発表した「マグロの需給情報」によると、輸入・国内生産ともに前年を3~10%下回り、卸売価格は3~10%高い見込み。需要動向については、客数が減っているが単価は上昇傾向。販売価格は、「買い手が許容できる限界まで上がっている」…

記事カレンダー

2017年10月
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30