みなと新聞電子版

2017年11月24日(金)

日本水産の養殖事業、売上最高480億へ 18年3月期連結 チリSA社のトラウトけん引

  • 2017年11月07日 19時00分 配信
 日本水産の養殖事業が好調に推移する。けん引するのは南米のトラウト養殖事業。今年度の養殖事業(連結)全体の売り上げは、これまでの最高だった2014年度を約5%上回る480億円近くになりそうだ。



 日本水産は現在、チリのサルモネス・アンタルティカ社(SA)でトラウトの養殖事業を行う他、国内でブリ養殖(黒瀬水産)、カンパチ養殖(さつま水産)、クロマグロ養殖(西南水産、金子産業)、ギンザケ養殖・・・

この記事は会員限定です。電子版にお申し込み頂くとご覧いただけます。

20日間無料のお試し版も用意しております。「お申し込み」よりお進み下さい。

関連記事

黒瀬水産の養殖ブリ輸出過去最高へ  2017年8万尾見込む

  • 2017年10月30日 19時00分 配信

 日本水産グループの黒瀬水産(宮崎県串間市、山瀬茂継社長)が手がけるブリの輸出が好調だ。アジア、欧州連合(EU)への販売が伸びており、2017年の出荷量は過去最高の8万尾となる見通し。10月から冷凍品も扱い始め、山瀬社長は「将来は8万~10万尾を海外へ安定供給したい」と意気込む。  同社は日本水…

秋サケ、慎重な価格形成を 道ぎょれん会  チリギン展開で対応も

  • 2017年08月30日 19時00分 配信

 秋サケについて産地側からはマルヒ水産が生産見通しを発表。今年の漁獲予想を前年の実漁獲並みの7万5000トンとした。「加工産地で必要なのは10万~11万トン」と推定。「需要と供給がアンバランス。高値は避けたいのは分かる。なんとかうまく落とし込めるような価格帯にしたい」とした。  道産秋サケの内販…

養殖マグロ産卵制御に道 量産へ「食べるホルモン」  東京海洋大の吉崎教授ら開発

  • 2017年09月16日 19時00分 配信

 クロマグロの完全養殖・量産化で最大の課題となっている産卵を完全にコントロールできる可能性が出てきた。東京海洋大の吉崎悟朗教授らのグループはこのほど、魚の産卵を誘発するホルモンの腸管吸収を促すペプチド(タンパク質)の開発に成功した。 <<<吸収促すペプチド開発>>>  クロマグロの…

日本水産がマダコ完全養殖  世界で2例目、量産へ前進

  • 2017年06月08日 19時00分 配信

 日本水産(細見典男社長)は8日、マダコの完全養殖技術の構築に成功したと発表した。マダコ完全養殖は難しく、世界的に成功事例が1件あるのみで、その後も進展していないのが現状。同社は今年4月、2016年4月にふ化した成魚由来の卵から、数万尾のマダコ幼生が誕生し、完全養殖に成功した。ニッスイ中央研究所大…

記事カレンダー

2017年10月
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30