みなと新聞電子版

2017年11月25日(土)

【商品・製品】日本水産「スルッとふた SABA」シリーズ3品

  • 2017年11月08日 19時00分 配信
SABA水煮(右上)、みそ煮(左上)、味付

SABA水煮(右上)、みそ煮(左上)、味付

 日本水産(東京都港区、大木伸介社長)は1日、サバ缶詰「スルッとふた SABA」シリーズ3品を新発売した。国産のサバのみを使用。「スルッとふた SABA水煮」「スルッとふた SABAみそ煮」「スルッとふた SABA味付」の3種類をそろえた。開封時に見られるサバ肉由来のタンパク質の塊が少なく、見た目がきれい。少ない力で簡単に開けられる「スルッとふた」を使用した。

 1缶150グラムの食べきりサイズ。量販店向けなどに販売する。こだわりの製法で仕上げ「サバ独特の臭みが少なく、食感もやわらか」だ。缶のデザインにもこだわり、従来のイメージを刷新した。

関連記事

【商品・製品】日本水産×SABAR  「さば水煮」「さばみそ煮」

  • 2017年10月19日 19時00分 配信

 日本水産(東京都港区、大木伸介社長)は21日、福井県小浜市であるサバ関連イベントに合わせ、SABAR(大阪府府中市、右田孝宣社長)とコラボしたサバ缶詰を発売する。日本水産は21~22日に同市であるイベント「2017鯖のまちフェスタin若狭おばま海の駅」に出展。同商品を販売する他、全国の量販店、S…

マグロ、サーモン・・・刺身アウトパック、人手不足で需要拡大  『焦点』量販店向け 消費期限延ばす動きも

  • 2017年09月19日 19時00分 配信

 納入業者がパッケージまでを行うアウトパック製品の需要が、マグロやサーモンなどの刺身で高まっている。背景にあるのは、量販店のバックヤードで加工・パック作業をする人員の不足。仕入れてそのまま売り場に並べられるような、人手のかからない製品が必要とされている。特に関西地区の人材不足が深刻なもようで、「関…

【商品・製品】マルト鮮魚「干しはたはた」

  • 2017年10月19日 19時00分 配信

 あめ色に輝くハタハタしょうゆ干し-。マルト鮮魚(新潟県村上市、佐藤隆司社長)が製造する「干しはたはた」は全国的に珍しいハタハタしょうゆ干し。頭と内臓などを取り除き、冷凍したまま焼けば食べられる。  同社は3日にあった新潟市中央卸売市場年末展示会で新潟冷蔵ブースに出品し、注目された。脂ののったハ…

記事カレンダー

2017年10月
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30