みなと新聞電子版

2017年11月24日(金)

記事一覧

タグ:グローバル・オーシャン・ワークス

5件の記事が見つかりました。

太平洋貿易、アリババ使い中国へ攻勢  ブリやマグロ販路開拓、マルハニチロも出展

  • 2017年10月13日 20時00分 配信

 【福岡】太平洋貿易(福岡市、浅田雅宏代表取締役)は中国ネット通販最大手のアリババを活用した養殖魚の海外販路開拓事業を始めた。アリババのサイト内にホームページ(HP)を作成。ブリやマグロの商品情報を掲載し、海外バイヤーから問い合わせがあれば出展者に通知する。11日に福岡県内であった九州経済連合会(…

来春にも養殖ブリ初のASC  グローバル・オーシャン・ワークスと黒瀬水産で審査

  • 2017年10月04日 19時00分 配信

 【鹿児島】養殖ブリの加工を手がけるグローバル・オーシャン・ワークス(GOW、鹿児島県垂水市)がASC(水産養殖管理協議会)認証の取得に動き出した。2~3日は委託先の養殖業者である福山養殖(同県霧島市)、4日はグループ会社のアクアブルー(垂水市)で審査団を受け入れ。審査に通れば来春にも取得できる見…

ブリフィレー上期輸出12%増83億円  米国向け販売が順調

  • 2017年08月24日 19時00分 配信

 ブリフィレーの輸出が好調だ。財務省貿易統計によると、1~6月の数量(生鮮・冷凍品込み)は前年同期比12%増の4800トン、金額も12%増の82億6400万円。主力となる冷凍品の米国、アジアへの販売がけん引した。  ブリフィレーの大半は養殖物。中でも冷凍品は量額15%増の4100トン、70億99…

ブリフィレー16年輸出量過去最高  米国、中国向けなど冷凍拡大

  • 2017年01月31日 19時00分 配信

 ブリフィレー(生鮮・冷凍品込み)の輸出量が過去最高を更新した。財務省貿易統計によると、2016年の数量は8030トン。冷凍品の米国、中国、香港、タイ向けの出荷がけん引した。金額は前年比3%減の134億6200万円だった。  ブリフィレーの大半は養殖物。中でも主力の冷凍品は1%増の6695トン、…

養ブリ輸出拡大へ米鮮魚卸買収  グローバル・オーシャン・ワークス

  • 2016年10月17日 19時00分 配信

<<<加工から現地販売まで一貫体制>>>  【鹿児島】養殖ブリの加工販売を手がけるグローバル・オーシャン・ワークス(GOW、鹿児島県垂水市、増永勇治社長)は9月、米国ロサンゼルスの鮮魚卸会社インターナショナル・マリン・プロダクツ(IMP)社を買収した。これにより同社は加工から輸出、販…

記事カレンダー

2017年10月
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30