みなと新聞電子版

2017年11月21日(火)

記事一覧

タグ:セルマック

4件の記事が見つかりました。

【決算】三菱商事の鮭鱒養殖、持ち分益3割増90億円  17年4~9月期連結 セルマックグループが貢献

  • 2017年11月07日 19時00分 配信

 三菱商事(垣内威彦社長)の鮭鱒養殖事業が好調に推移する。同事業は2017年4~9月期連結決算で90億円の持ち分利益を計上。前年同期に比べて32%(22億円)の増益となった。販売価格の上昇に加え、「販売強化による数量の増加が大きな要因」と同社。同事業が属する生活産業グループは鮭鱒養殖事業の堅調推移…

三菱商事傘下のセルマック、きめ細かいサケ養殖戦略  【連載】進化続けるアイスランド、ノルウェーと世界の漁業〈13〉  東京財団上席研究員 小松正之

  • 2016年11月17日 19時00分 配信

 三菱商事傘下のセルマック社のサケ養殖場のイケスは、各イケスに餌の供給を行うフロート式ステーションと一体になっている。サケ加工場は、そこから小型船で約10分程度の至近距離のスクトビック(Skutvic)町内にある。  160メートルの円周で深さ25メートルの典型的なノルウェーのイケスが10個ほど…

三菱商事傘下のセルマック視察  サケ養殖世界大手 非常に高い社員レベル  【連載】進化続けるアイスランド、ノルウェーと世界の漁業〈12〉  東京財団上席研究員 小松正之 

  • 2016年11月10日 19時00分 配信

 三菱商事は、以前から川上に近い産業に直接関与したいとの考えがあり、チリで養殖事業を購入した。一定の経験を得た後、先進地のノルウェーでも養殖に着手したいと考えていたが、2014年セルマック(Cermaq)社株が政府から売りに出されていたので、100%の株式を購入した。本社はノルウェー中央駅に近いオ…

15年世界養アトラン生産 三菱商事14万トン2位浮上  セルマック社買収で急拡大

  • 2016年07月13日 19時00分 配信

 三菱商事のアトランティックサーモン生産量(エラ・ハラ抜き)が2015年に推定で14万トンとなり、名実ともに世界第2位のサケ養殖業者になったことが分かった。前年にノルウェーのセルマックを買収した影響が大きい。マリンハーベストは42万トンを供給して首位を堅持。上位20社の市場シェアは総生産量207万…

記事カレンダー

2017年10月
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30