みなと新聞電子版

2017年11月21日(火)

記事一覧

タグ:全国水産物卸組合連合会

12件の記事が見つかりました。

カズノコ小型化、商談に影響も  人気の塩水ペール折れ子品薄

  • 2017年10月25日 19時00分 配信

 【大阪】全国水産物卸組合連合会(早山豊会長)の西日本地区塩干魚部業務部会が24日、大阪市内であり、中部・関西の塩干仲卸が年末商材の販売の見通しを話し合った。カズノコについて、大阪市水産物卸協同組合(木本慧理事長)は「カナダ産、米シトカ産、ブリストル産のサイズアソートのバランスが悪く、量販店や百貨…

全漁連、卸の自己買参権取得促進要望  産地含め市場法改正議論 自民会議 

  • 2017年09月27日 19時00分 配信

 自民党は27日、水産部会・水産総合調査会合同会議を開き、政府が進める卸売市場法改正について、消費地、産地市場関係者からヒアリングした。全漁連の岸宏会長は、受託拒否の禁止規定の維持、産地市場での卸売人の自己買参権取得の促進、産地市場統合への支援を要望した。  岸会長はJFしまねが開設する地方卸売…

【役員異動】全水卸組連会長に早山氏

  • 2017年07月03日 19時00分 配信

 【大阪】水産仲卸組合でつくる全国水産物卸組合連合会(全水卸組連)の定時総会と正副会長会が1日、大阪市内であり、伊藤淳一会長が退任し、早山豊・東京魚市場卸協同組合(東卸)理事長が新会長に就いた。池本周三最高顧問(京都全魚類卸協同組合理事長)は続投が決まった。  伊藤氏は今年1月、東卸の理事長を退…

正月商材が供給不足、年末商戦危ぶむ声  棒ダラ、田作り原料不漁  『全水卸組連西日本塩干部会』

  • 2016年11月02日 05時00分 配信

 【大阪】田作りや棒ダラなどの正月用商材が原料の不漁に伴い、供給不足に陥っている。10月25日にあった全国水産物卸組合連合会の西日本地区塩干魚部業務部会では、年末商戦に対する不安の声が相次いだ。 ※上の「16年全水卸組連西日本塩干特集」というボタンを押すと、特集の全記事が表示されます。

記事カレンダー

2017年10月
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30