山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

周南バルクターミナル第1期工事完成 大型船荷役など対応
2010年7月10日(土)掲載
整備された荷受け桟橋での大型船による石炭荷挙げ作業
周南市の徳山下松港にある公共埠頭(ふとう)、晴海埠頭を一体的に長期間借り受け、石炭などのバルク(ばら積み)貨物ターミナルを整備して運営する民間会社「周南バルクターミナル」(河村義人社長)の第1期工事完成式が9日、周南市のホテルであった。貯炭場や出荷桟橋などのほか、これまでより大型の9万トン級の貨物船の接岸が可能な荷役桟橋を整備することで物流コストの削減が見込まれ、周南コンビナートの国際競争力強化が期待される。

岸壁に隣接する国有地には1時間に石炭1500トンを船から陸揚げできる機械を整備し、ベルトコンベヤーと移動式ベルトコンベヤー各1基で石炭を13万7千トンの保管能力のある貯炭場に運ぶ。出荷桟橋には、5千トンの内航船二隻の接岸を可能にする国内最大級の出荷設備も設けた。オーストラリアやインドネシアから輸出した石炭を、瀬戸内海沿岸の化学メーカーなどに自家発電燃料などとして運搬する。

式はホテルサンルート徳山で開かれ、同社や国交省、県関係者ら約110人が出席。谷本寿己相談役は「ターミナルが本格的に稼働すれば、素材産業の国際競争力強化の一助に貢献できると期待している」と式辞を述べた。

完成したターミナルでは、オーストラリアから石炭を積んで今月6日に接岸した大型船による荷揚げ作業の見学会もあった。河村社長は「今後は国、県の指導を受けながらできるだけ大きな港にし、瀬戸内海の荷主に喜んでもらえるターミナル運営をしていきたい」と話した。

同社は2008年に周南コンビナート企業などが発起人となって設立。第2期工事ではベルトコンベヤーを増設し、荷役設備と出荷設備をつなげて自動的に石炭を出荷できるようにする。事業費は1、2期合わせて約100億円。2012年4月の全面操業を目指す。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)2008 Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp