山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

開運イチョウカード発売へ あすから光市観光協会
2011年1月3日(月)掲載
4日から販売される「開運イチョウカード」
光市観光協会は、同市出身の初代内閣総理大臣、伊藤博文(1841〜1909年)にちなんだ「開運イチョウカード」を4日に発売する。

伊藤の肖像画が描かれた名詞サイズの台紙に、同市束荷の伊藤公記念公園で集めたイチョウの葉を張り付け、ラミネート加工で仕上げたもの。イチョウの葉は、昨年11月に同協会や伊藤公資料館の職員、同公園近くの束荷幼稚園の園児らが拾った。

カードは、伊藤の生家近くのイチョウの葉を持っていると宝くじが当たるなど金運が上がるという逸話を基に、旧大和町観光協会が2003年度に初めて作製。04、05年度は作られなかったが、06年度に光市観光協会が復活させて以降、毎年度製作されている。

西暦にちなんで2011枚作った。同協会は「このカードのご利益で、皆さんにとって2011年がいい年になるよう願っています」と話している。

同協会事務局、伊藤公資料館、三国志城、あけぼの屋で販売する。1枚300円。問い合わせは同協会(TEL0833・72・1400)へ。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)2008 Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp