山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

次期社長に渡辺氏 山口朝日放送
2011年5月25日(水)掲載
山口朝日放送(山口市)は24日、取締役会を開き、社長にテレビ朝日顧問、朝日放送取締役の渡辺興二郎氏が就任する役員人事を内定した。6月24日に開く株主総会と取締役会で正式に決定する。増田信二社長は同日付で退任する。

渡辺氏は1972年に日本教育テレビ(現・テレビ朝日)入社。テレビ朝日で報道局次長兼コメンテーター室長、編成制作局放送基準専任局長、取締役報道局長などを歴任し2010年6月から現職。

役員人事案はこのほか、常務取締役に岡田伸之朝日ビルディング取締役、非常勤取締役に角南源五テレビ朝日取締役総務局長が就任。常務取締役の井出泰成氏と藤井嘉行氏は株主総会日付で退任する。

24日の取締役会では、2011年3月期決算案を決定。売上高は41億1600万円(前期比8.1%増)で、スポット広告の伸びや事業催物企画の展開などにより初めて40億円台に達し過去最高を計上した。

営業利益2億9600万円(前期の約2.9倍)、経常利益3億700万円(同約3倍)、当期純利益1億1600万円(同約3.3倍)で、3期ぶり増収、2期連続の増益となった。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)2008 Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp