山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

剣 道
優勝を果たし、観客席からの声援に手を振って応える剣道山口成年女子の(左から)宮川瑠璃子、家入美帆、石村あ子=県立下関武道館
県勢初の快挙支えた二刀流大将
2011年10月3日(月)掲載
剣道の山口成年女子は圧倒的な強さを見せつけ、国体初制覇の偉業を成し遂げた。監督兼大将の石村あ子(山口市役所)は「気持ちを優勝という形にできてうれしい。苦しい時期もあったが、それ以上に大きなものを得ることができた」と笑顔で語り、観客席からの大声援に手を振って応えた。

1回戦から決勝までの4試合でいずれも先鋒、中堅が勝利を収める完勝。チームの快進撃を精神的にも支えたのが、山口国体を見据えて2年前に二刀流に転向し、女性初の二刀流六段を取得した石村だった。勝負が決した状態で迎える大将戦でも一本を許さず、いい流れをつないだ。

右手の小刀で攻め立て、左手の大刀で決める。国体の強化訓練をきっかけに二刀流に転向した直後は慣れない動きに戸惑ったが、晴れの舞台では鮮やかな剣さばきで相手を翻ろう。地元国体を見据えて積み重ねてきた努力が最高の形で実を結んだ。

「心強い仲間といいリズムで勝ち進むことができた」と振り返る。先鋒の宮川瑠璃子(山口総合支援学校)は圧巻のスピードでコテとメンを奪い、中堅の家入美帆(防府総合支援学校)は一本を取られた準決勝と決勝でもひるまずに攻め続けて二本を取って勝利した。

「支えてくれた人たちに恩返しがしたい」と強い思いを持って試合に臨んだ3人。競技初日に優勝というこれ以上ない結果を出し、涙をこぼしながら「本当にありがとうございました」と感謝の言葉を口にした。
 
一 般
剣道成年女子「金」、柔道成年女子も「銀」
2011年10月3日(月)掲載
第66回国民体育大会「おいでませ!山口国体」は2日、第2日を迎え競技が始まった。山口は県立下関武道館であった剣道の成年女子が初優勝を決めたほか、萩市民体育館であった柔道成年女子と、県セミナーパークであった山岳少年男子の津守暁斗選手(西京高)と竹田陸人(野田学園高)のペアがリードでともに銀メダル。馬術では少年2段障害飛越で久保田郁佳選手(防府西高)が銅メダルを獲得するなど競技初日からメダルラッシュとなった。男女総合(天皇杯)順位は9位に上がった。

柔道は少年女子のほか、宇部市であったソフトテニス少年男子も準々決勝で敗れ5位入賞だった。

山口市であったラグビー成年男子、下関市であった剣道少年男子と少年女子がいずれも準決勝に進んだ。周南市であったレスリングはフリースタイルを行い、成年の守田泰弘選手(県レスリング協会)、小島豪臣選手(K―POWERS)、磯川孝生選手(徳山大職員)、少年の野村勇志選手(田布施農工高)が準々決勝に進んだ。

3日は、剣道の少年男子と少年女子が成年女子の優勝の勢いに乗ってどこまで勝ち進むか注目。レスリングはフリースタイルや山岳の一部種目で決勝までが行われ、連日の金メダル獲得に期待が高まる。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)2008 Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp