山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

   
海峡眺め励まし合い 50人参加し海響マラソン初回練習会
2016年5月16日(月)掲載
合図とともに一斉にスタートする市民ランナーら=15日、下関市
11月6日に下関市で行われる「下関海響マラソン2016」(実行委員会主催、山口新聞社など共催)に向けた練習会が15日、同市のみもすそ川公園を発着点に開かれた。初回は市民ランナーら約50人が参加し、関門海峡沿いを走った。

下関走ろう会(小島鉄雄会長)が、同マラソンの参加希望者やフルマラソンへの初挑戦を考えているランナーを対象に毎年実施。同会によると、この練習会を通じて、フルマラソンを完走したランナーは延べ500人以上という。

小島会長(77)が「今年もしっかり練習して大いに楽しもう」とあいさつ。今回もフルマラソンに挑戦する同市の中尾友昭市長は「昨年は練習不足でリタイアとなったため、体を鍛えて臨みたい。今日は風を感じながら皆と走りたい」と意気込んだ。

参加者は準備体操を行った後、同公園から国道9号沿いの5〜20キロのコースを各自のペースで走った。

下関海響マラソンは20日から、インターネットによるウェブエントリー(午後8時から先着順)と郵便振替(抽選)で参加者を募集する。

同会主催の練習会は10月まで毎週日曜に行う。午前6時40分集合、同7時にスタートする。雨天中止。無料。問い合わせは同マラソン実行委員会事務局(電話083・231・2729)へ。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp