山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

   
ゲストランナー・尾崎好美さん 小中学生を熱血指導
2016年11月5日(土)掲載
ランニングしながら速く走る方法を指導する尾崎好美さん=4日、下関市
6日に開かれる「下関海響マラソン2016」を前に、ゲストランナーとして5キロに参加するロンドン五輪女子マラソン日本代表の尾崎好美さん(35)の「ランニング教室」が4日、下関市長府逢坂町の長府中学校グラウンドであった。同校の陸上部員と豊浦陸上スポーツ少年団の小学生計75人が速く走る方法などを学んだ。

尾崎さんは準備運動で「脚の筋肉だけでなく、背中や胸周りをほぐすと呼吸がしやすくなる」とアドバイス。走る時は腰を曲げずに前傾姿勢で腕を前に振ることを指導し、着地した足に体重をかける練習法を紹介した。最後は一緒にランニングして教室を締めくくった。

下関での教室は昨年に続いて2回目。大会特別協賛社の第一生命保険が社会貢献活動として企画。尾崎さんは第一生命グループ女子陸上競技部のアドバイザーを務めている。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp