山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

   
1万2856人きょう号砲 下関海響マラソン
2016年11月6日(日)掲載
おもてなし前夜祭でトークを繰り広げた(左から)宮本和知さん、尾崎好美さん、千葉真子さん、猫ひろしさん、道下美里さん、波田陽区さん=5日、下関市
下関海響マラソン2016(実行委員会主催、山口新聞社など共催)は6日、下関市豊前田町の海峡メッセ下関前を発着点に開かれる。大会前日の5日、ランナーや市民、関係者らが参加する「おもてなし前夜祭」が海峡メッセ下関で開かれ、約460人が交流を深めた。

大会会長の中尾友昭市長が「年を追うごとに評価が上がっている。瀬戸内海側の素晴らしい景観に日本海側のアップダウンがあるコース。思い出に残る感動のドラマが皆さんを待っている」とあいさつ。ゲストランナーらによるトークショーでマラソン談議に花を咲かせ、福岡県のチアリーディングクラブが参加者へエールを送った。

大会には45都道府県と海外から過去最多の1万2856人(男子9827人、女子3029人)がエントリー。フルマラソンでは1万730人(男子8838人、女子1892人)が海峡のまち下関を駆け抜ける。

スタート時間はフルマラソンが午前8時半、2キロが同8時42分、5キロが同8時45分。表彰式は2キロと5キロが同9時50分〜同10時10分、フルマラソンは午後0時15分〜同45分。

問い合わせは実行委員会事務局(電話083・231・2729)へ。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp