山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

   
高速道路遮音壁に夢、思い出 周南・久米小、卒業制作描く
2017年3月13日(月)掲載
卒業制作の絵の前に集まる久米小学校の6年生=周南市
周南市久米の徳山東インターチェンジ付近の遮音壁に、近くの久米小学校(河村克郎校長、415人)の6年生61人が描いた卒業制作の絵のパネル(縦2メートル、横3メートル)2枚がお目見えした。

西日本高速道路中国支社周南高速道路事務所(島崎康隆所長)が2009年から同校に毎年依頼。同校は卒業制作として取り組んでいる。

今年は1、2組が1枚ずつ担当。1組はリコーダーや教科書など6年間の思い出が詰まった物をそれぞれ一つ描いた。2組は桜の花びらに1人ずつ将来の夢にまつわる漢字1字を添えた。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp