山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

   
レノファの市職員サポーターズが応援横断幕を寄贈−山口
2017年3月16日(木)掲載
山口市役所職員サポーターズがヤマグチスタに贈呈したレノファ山口応援横断幕=15日、山口市
サッカーJ2レノファ山口を応援する山口市役所職員有志らでつくる「市職員サポーターズ」(会長・伊藤和貴副市長、930人)が15日、レノファ山口の応援団「ヤマグチスタ」(槿昭嗣代表)に横断幕(10万円相当)を贈呈した。

横断幕は縦2メートル、横22メートル。チームカラーのオレンジに白文字で「Viva la YAMAGUCHI」のメッセージとサポーターを表す数字の12が記されている。市役所であった贈呈式では伊藤副市長が「市役所も支えるので、熱い応援で盛り上げてほしい」とあいさつ。槿代表に横断幕を手渡した。

サポーターズはJFL昇格前年の2013年に発足。会員からの寄付を原資にピッチサイドへの広告掲出やチームのうちわを製作して市内のイベントで配るなどしている。ヤマグチスタが5年ほど前に作った横断幕が劣化していることなどから、贈呈を決めた。

槿代表は「ここまで力を入れてくれる市役所のサポーター団体は他チームで聞いたことがなく心強い。選手の力を引き出せるような応援をしたい」と決意を述べた。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp