山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

   
新しい感覚で挑戦を 県立農業大学校卒業式−防府
2017年3月17日(金)掲載
桑原恵利校長(左)から卒業証書を受け取る卒業生=16日、防府市
防府市牟礼の県立農業大学校(桑原恵利校長)で16日、卒業証書授与式があり、園芸と畜産両学科の2年生29人が新たな一歩を踏み出した。

桑原校長が卒業生一人一人に卒業証書を手渡した。式辞では農業法人の増加や6次産業化による新たなブランドづくりなど農業を取り巻く現状に触れ、「大きなビジネスチャンスが生まれつつある。新しい感覚を持った若者がたくましい担い手となり、活躍してほしい」と呼び掛けた。

在校生からはなむけの言葉が贈られ、卒業生を代表して周南市出身の吉田樹弘さん(20)が答辞を述べた。実践研修や学園祭、寮生活など2年間の思い出を振り返り、「苦労や努力を糧に、自分の夢に向かって挑戦し続けたい」と誓った。

同校によると、卒業生は県内出身の19〜25歳で、男性が23人、女性が6人。卒業生のうち20人が県内を中心に就農し、6人が農業関連企業に就職するという。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp