山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

   
誇りを持って「ものづくり」、周南・トクヤマで入社式
2017年3月17日(金)掲載
ガッツポーズをするトクヤマの新入社員ら=16日、周南市
周南市の総合化学メーカー、トクヤマの徳山製造所で16日、入社式があり、高校を卒業したばかりの14人が社会人としての一歩を踏み出した。

安達秀樹所長が「マレーシアの太陽電池用多結晶シリコン事業の失敗で存続が危ぶまれる状況に陥ったが、今は確実に回復の途上にある。初心を忘れずいろいろなことに挑戦してほしい」と激励。伊藤啓太さん(18)=防府商工高出身=に辞令を交付した。

新入社員を代表して中村徹さん(18)=下松工高出身=が「誇りを持って『ものづくり』に励んでいきたい」と宣誓した。

長弘一輝さん(18)=同=は「スーツを着て入社式に出て社会人になったと実感した。会社にとって役に立つ人になりたい」、坂根大勢さん(18)=同=は「社会人という自覚を持って早く仕事に慣れ、下の人にもしっかり教えられるようになりたい」と話した。

新入社員は4月21日まで研修を受け、同製造所などに配属される。同3日に新規大卒者らの入社式がある。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp