山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

   
野球少年、輝く全力プレーを 本社大歳大会開幕
2017年3月19日(日)掲載
選手宣誓で全力プレーを誓う大歳野球スポーツ少年団の堀慶志主将=18日、山口市の椹野川運動公園
第33回山口新聞社旗争奪少年野球大歳大会(大歳野球スポーツ少年団主催、山口新聞社共催)は18日、山口市の椹野川運動公園で開幕し、1回戦16試合があった。試合に先立って行われた開会式には全32チームの選手が参加し、今大会での全力プレーを誓った。

大会会長を務める江崎克彦山口新聞山口支社長が「大会を通じてチームの目標、自分の課題など多くのことを学んでほしい。野球ができる喜びと感謝の気持ちを持ち、練習の成果を発揮することを期待している」とあいさつ。同市の大歳小学校の板倉豊校長が「歴史ある大会で一生懸命、けがのないようプレーしてほしい」と激励した。

選手を代表し、大歳野球スポ少(山口市)の堀慶志主将(11)が「日頃支えてくださる監督、指導者、保護者に感謝し、全力でプレーすることを誓う」と高らかに選手宣誓した。昨年優勝の深川野球スポ少(長門市)が優勝旗を、準優勝の大歳スポ少が準優勝盾を返還した。

大会は25日まで。3日間の日程で熱戦を繰り広げる。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp