山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

   
県内人気店が集合 下関駅前、食や雑貨など
2017年3月19日(日)掲載
県内の人気店がずらりと並び多くの人でにぎわった=18日、下関市
山口県内の人気店などがブースを構えるカフェマルシェ「ヤマサチ」が18日、下関市竹崎町のJR下関駅前エキマチ広場で始まった。19日まで。

JR西日本、下関商工会議所、エキマチ下関推進協議会の主催で初めて実施。コーヒーショップやベーカリー、野菜、土産物、雑貨など県内の有名店や人気店31店舗がずらりと並び、自慢の商品を販売している。人気のあるパンなどが勢ぞろいし、18日は多くの人でにぎわった。

JR西下関地域鉄道部の河田哲也部長は「イベントを通して、まずは自分たちが地元で愛されている食材などを知り、駅の利用者に県内の魅力を発信していけるようにしたい」と話していた。

18日はJR西が例年この時期に開いている鉄道ふれあいイベントも併せて開催。運転士、車掌の職場体験や乗車できるミニ列車の運転のほか、6月17日に運行を始める豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」を紹介するコーナーが設けられた。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp