山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

   
一緒に魚の生態勉強しよう! 海響館に学ランダイバー
2017年3月20日(月)掲載
関門海峡潮流水槽に登場した学ランダイバー=19日、下関市
下関市あるかぽーとの市立水族館「海響館」に「学ランダイバー」が登場し、学生服姿の同館魚類展示課職員が魚の生態などを紹介している。4月2日まで。

「トラフグ先生からの課題」と題し、国語、算数、理科、社会、英語に区別した魚に関するクイズの中から各回2問出題。提示した漢字や英語がどの魚の名前を示しているか当てるクイズなどもあり、来場者を楽しませていた。

学ランダイバーは1日3回(午前11時15分、午後1時15分、同3時15分)、関門海峡潮流水槽に現れる。各回10分。同課の園山はるかさん(26)は「入社式や入学式など新しいスタートを目前にしている人が多い時期にぴったりの企画。学ランダイバーと一緒にトラフグ先生の課題に挑戦し、楽しんでもらえれば」と来館を呼び掛けている。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp