山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

部活動指導員を募集 宇部市教育委員会、市内公立中に派遣へ
2017年4月14日(金)掲載
宇部市教育委員会は本年度から、部活動で中学生のスポーツ・文化活動を専門的に指導する人材を嘱託職員の市部活動指導員として公立中学校に派遣する。指導の充実と教職員の負担軽減を図る山口県内では初の取り組み。部活動指導員の希望者を募集している。

部活動指導員は、学校や担当教員と連携して実技指導や大会の引率など部活動の運営全般に当たる。対象の部活動は、軟式野球、サッカー、バレーボール、バスケットボール、ソフトテニス、テニス、バドミントン、卓球、陸上競技、ソフトボール、柔道、剣道、水泳、吹奏楽、華道、茶道の16種類。

市内の公立中学校12校のいずれかで、平日の授業終了後の部活動時間、土、日曜、祝日、長期休業期間の任意の部活動時間に勤務する。報酬は時給1200円で、1カ月上限20時間。通勤手当、大会の旅費は別途支給する。任期は1年以内。更新の可能性もある。

派遣予定人数は9人。1次の書類審査、2次の面接試験を経て、部活動各種2、3人程度の登録者を選定。6月1日以降、部活動の運営状況などに応じて派遣する。

20歳以上で部活動などの指導経験があり、専門的指導ができることなどが条件。希望者は5月9日までに応募書類を持参か郵送で市教委学校教育課に提出する。問い合わせは同課(電話0836・34・8611)へ。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp