山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

下関大丸で九州うまかもん52店出店
2017年4月14日(金)掲載
九州各地の名物などが並ぶ会場=竹崎町
九州各地の名物や特産品を集めた物産展「九州うまかもん大会」が、竹崎町の下関大丸で開かれている。17日まで。弁当やすし、総菜、地酒、スイーツなどがそろい、多くの買い物客らが詰めかけている。

毎年この時期に開いている恒例展で11回目。初出店11店を含む52店が出店し、長崎ちゃんぽんや大分のとり天、宮崎のチキン南蛮、福岡特産のイチゴを使ったチーズパイなどが並ぶほか、その場で飲食できるイートインコーナーでは薩摩ラーメンや「黒さつま鶏」の親子丼など鹿児島グルメを堪能できる。

下関大丸の担当者は「九州を旅するような気持ちで会場を巡ってもらえたら」と来場を呼び掛けている。

午前10時〜午後7時半(最終日は午後5時まで)。下関大丸は初日の様子を無料で視聴できる動画サイト「ユーチューブ」で配信している。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp