山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

宇部の画家、東京で個展 堀さん、「大地の鼓動」油彩40点
2017年4月16日(日)掲載
150号の大作をはじめとした油彩画を展示している堀研さん=14日、東京都
下関市豊浦町出身で宇部市笹山町在住の画家、堀研さん(68)の個展「大地の鼓動」が、東京都中央区銀座の日動画廊本店で開かれている。24日まで。

同画廊での個展開催は7年ぶり8回目で、この7年間に制作した作品を中心に150号の大作から小品までの油彩画計40点を展示。鴨長明『方丈記』の冒頭の一節にちなんだ題名の「行く川の流れは絶えずして」など、滝や水の流れをモチーフに心象風景を描いたものが多く、激しくもはかない自然界の一瞬一瞬を表現した作品が並んでいる。

堀さんは「生きる力や気、無常観といったものを描きたいと思っているので、作品を見る人もこれらのことを感じてほしい」と話していた。

入場無料。午前10時〜午後7時(土曜日は午前11時〜午後6時)。最終日は午後5時まで。日曜日休廊。問い合わせは同画廊(電話03・3571・2553)へ。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp