山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

スポーツや防災で連携協定 レノファとイオングループ、美祢市
2017年4月16日(日)掲載
協定書に署名し握手を交わす(左から)河村孝社長、西岡晃市長、加栗章男社長=15日、山口市
山口市の維新百年記念公園陸上競技場で協定締結式があり、レノファ山口の河村孝社長、マックスバリュ西日本の加栗章男社長、美祢市の西岡晃市長が協定書に署名した。協定により、スポーツ・文化の振興や商業・観光の振興、地域防災など計11項目で協力する。

河村社長は「美祢市の観光資源にレノファ山口というコンテンツを組み込んで一緒に地域創生を発信していければ」、加栗社長は「地域の方々と一緒になり、レノファ山口を通じてできることを一生懸命やっていきたい」、西岡市長は「この包括連携が三者にとってウィンウィンの関係になるように取り組みを進めていきたい」と述べた。

同様の協定はこれまでに同市のほか、県内6市が結んでいる。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp