山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

子育て力向上、交流の場に 民間支援施設オープン−下関
2017年4月18日(火)掲載
民間の育児支援施設としてオープンした「子育て広場まーむ」=17日、下関市
民間子育て支援施設「子育て広場まーむ」が17日、下関市一の宮学園町にオープンした。未就園児を育てる母親を中心に、親子の居場所づくりに取り組む。

助産師や保育士などの資格がある友廣文子代表理事(57)と保育士の資格を持つ肥塚陽子理事(51)でつくる一般社団法人「まむ」が運営。子どもが主体的に遊べる場や子育て力向上を目指す学び場づくり、交流の場づくりをテーマに掲げる。市内の母親らでつくる「ママボランティアPLUMMA」もボランティアとして参加する。

約70平方メートルの室内で、同法人と同団体が持ち寄った絵本や手作りのおもちゃなどで遊べる。平日午前10時〜午後3時。一般利用は子ども1人につき1回100円。年間パスポートは2400円。友廣代表理事らが母親や妊婦の相談にも乗る。平日午前9時〜午後6時に予約制の託児も受け付ける。

東亜大学に隣接し、学生との交流なども考えている。肥塚理事は「企業や店舗とも連携して、地域の元気につながれば」と今後の見通しを語った。

問い合わせは同施設(電話090・3179・8306)へ。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp