山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

ジビエ料理に親しんで 豊田で“最優秀レシピ”学ぶ−下関
2017年4月19日(水)掲載
藤岡真理さん(左端)の指導で鹿フライなどを作る参加者=18日、豊田町
「ジビエ料理教室」が18日、下関市豊田町殿敷の豊田総合支所調理室で開かれ、男性4人を含む25人が受講した。西市公民館主催講座。

同公民館主事の藤岡真理さん(39)が手順を指導。2月に唐戸町の唐戸市場魚食普及センターで決勝審査があった「ジビエ料理コンテスト」で最優秀賞に選ばれた藤岡さん考案のレシピ「チーズin鹿フライ(にんじんソース付き)」、ハクサイと春雨のスープ、キュウリとワカメの酢の物などを作った。

藤岡さんは鹿フライ作りのポイントとして、肉に切り込みを入れてスライスチーズを挟むと、衣を付けたり揚げたりする時に型崩れしない点などをアドバイス。にんじんソースには地元産のナシ果汁を入れ、フルーティーに仕上げた。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp