山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

かわいいこいのぼりできた 下関・ふくふくこども館で作る
2017年4月19日(水)掲載
出来上がったこいのぼりを喜ぶ子ども=18日、竹崎町
こどもの日(5月5日)を前に、子どもを対象にしたこいのぼり作りが18日、下関市竹崎町の竹崎町の市次世代育成支援拠点施設「ふくふくこども館」であり、36人が参加した。

画用紙に尾ひれのテープと目玉を付けて、うろこなどの模様を思い思いに描いた。ひもで棒にくくりつけて風車を付けた。子どもたちは完成したこいのぼりを持って屋上を走り、尾ひれが風にたなびく様子を楽しんだ。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp