山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

交通安全運動期間中 県内死者1人
2017年4月19日(水)掲載
山口県警は春の全国交通安全運動期間中の6日から15日に発生した交通事故のまとめを発表した。交通事故死者数は1人で、前年と比べ1人減った。

7日未明に周南市の国道2号で、大型トラックとミニバイクが衝突する事故があり、ミニバイクの男性(76)が死亡した。

県警交通企画課によると、期間中に発生した人身事故は36件(前年比16件減)で負傷者数42人(同16人減)、物損事故は1130件(同128件増)だった。「交通事故死ゼロを目指す日」の10日は、県内で死亡事故はなかった。

同課の浜村淳課長補佐は「これから大型連休で遠出する人も多いが、時間を含めてゆとりのある行動を。特に高速道路では車間距離をとり、道路状況に応じた走行をしてほしい」と呼び掛けている。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp