山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

五輪水泳スペイン代表 山口市事前合宿決定で市役所本庁舎に懸垂幕
2017年4月20日(木)掲載
山口市役所に掲げられた懸垂幕=19日、山口市
山口市は19日、2020年東京五輪で水泳スペイン代表の事前合宿が決定したことを知らせる懸垂幕を市役所本庁舎などに掲示した。

本庁舎に掲げられた懸垂幕は縦9.4メートル、横1メートル。事前キャンプ地に決定したことを記し、「山口市は、ホストタウンとして、スペインを応援します」のメッセージを添えている。

本庁舎のほか、徳地、阿東、秋穂、小郡、阿知須の各支所、合宿時の練習会場となる同市阿知須のきらら博記念公園水泳プールにも懸垂幕を掲示。6月末まで掲示し、事前合宿の周知や同国との交流に向けた機運醸成を図るという。

市は2月にスペインの水泳連盟と事前合宿に関する覚書を締結した。市によると、同連盟は日本で開催されるオリンピック以外の国際大会でも事前合宿を行う事を希望しており、早ければ今年11月にも合宿を含めた交流がスタートする可能性があるという。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp