山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

白い花のトンネル 宇部・霜降山、ドウダンツツジ見頃
2017年4月20日(木)掲載)掲載
ドウダンツツジの白い花に彩られた霜降山の馬の背登山コース=宇部市(読者提供)
宇部市の霜降山で、ドウダンツツジの花が見頃を迎えている。釣り鐘状の白い花が馬の背登山コースを彩っている。今週末ごろまで楽しめる見込み。

同コースでは、馬の背池を越え、岩肌の山道を登った先にドウダンツツジが約300メートルにわたって並ぶ。木々がトンネルのように連なる場所もあり、鈴なりの花が白い回廊を演出している。市によると、例年の花期は4月中旬ごろから5月上旬ごろまで。今年はやや早いという。

ドウダンツツジは、NPO法人霜降会による「市民が選ぶ霜降山系樹木7選」に選出されており、秋の紅葉も魅力。小羽山小学校区の住民で構成し、周辺の登山コースの手入れをしている「やきむすびの会」の永井宇行会長は「春は白い花、秋は紅葉を楽しんでもらいたい」と話している。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp