山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

周南の地方卸売市場 純水素燃料電池実証 市内2カ所目
2017年4月28日(金)掲載
周南市地方卸売市場に登場した100キロワットの純水素燃料電池=27日、周南市
コンビナートで副生される水素を活用したまちづくりを進める周南市は、同市鼓海の市地方卸売市場で、最大出力100キロワットの産業用純水素燃料電池の実証を始めた。同型の燃料電池の稼働は、3月に総合化学メーカー、トクヤマが全国で初めて設置した「周南スイミングクラブ」に続き、2カ所目。

燃料電池は水素と空気中の酸素を化学反応させて電気と60〜65度の温水をつくる。家庭用燃料電池の出力は約0.35キロワット、徳山動物園や道の駅「ソレーネ周南」などに設置している業務用は約0.7キロワットで、産業用燃料電池の実証は全国でも2例目となる。

同市場に隣接する水素ステーションから配管を通して水素を運び、電気は同市場の冷蔵庫などに利用。温水は、シリカゲルと化学反応させて冷熱をつくる「熱利用システム」により、市場内の花卉(かき)市場の冷暖房に使用する。

一昨年4月に環境省から委託を受けた「地域連携・低炭素水素技術実証事業」の一つ。共同実施者はトクヤマ、東ソー、県、周南市、下関市の5団体。2019年度までの5年間で15億円の委託費を受ける計画で、水素のサプライチェーン構築を目指している。

実証は今月中旬から始まっており、19年度まで。二酸化炭素の削減量や費用対効果などを調べる。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp