山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

宇部で「やまぐちウッドスクール」木工教室やシイタケ駒打ちなど
2017年5月4日(木)掲載
板に端材を並べて表札をつくる子ども=3日、宇部市
木に触れて自然の恵みを学ぶ体験型イベント「やまぐちウッドスクール」が3日、宇部市西万倉の楠こもれびの郷であり、親子連れでにぎわった。

地元産の木を使った製品を扱う事業者などでつくる団体「やまぐちウッドスクール」と楠こもれびの郷の主催、山口新聞社など後援。約30ブースが並び、木工教室や県産木製品の展示販売、シイタケの駒打ち体験、大型木製遊具の披露などがあった。

同市西吉部のゆうけい感動工房は、家具作りの端材を活用して表札を作るワークショップを開いた。参加した子どもたちは縦12センチ、横25センチのスギの板に端材を並べて文字を形作った。山口市の白石小学校4年の男子児童(9)は「木の角度を考えるのが難しかったけど、いい表札ができた。家に飾りたい」と笑顔を浮かべた。

人気アニメ「ワンピース」の主題歌などで知られる歌手きただにひろしさんによるコンサート、木の板に来場者が願い事を書いて壁面のアート作品を完成させる催しもあった。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp