山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

市民ランナー50人疾走 下関海響マラソンに向け初回練習会
2017年5月15日(月)掲載
一斉にスタートする市民ランナーら=14日、下関市
11月5日に下関市で開かれる「第10回記念大会 下関海響マラソン2017」(実行委員会主催、山口新聞社など共催)に向けた初回の練習会が14日、同市みもすそ川町のみもすそ川公園を発着点に行われ、市民ランナーら約50人が関門海峡沿いを走った。

主催する「下関走ろう会」の小島鉄雄会長が「10回目の節目の大会。気合を入れて大いに楽しみたい」とあいさつ。フルマラソン出場に意欲を見せる前田晋太郎市長が「楽しみながら走ることが大事。声を掛け合い、マラソンを謳歌(おうか)しよう」と呼び掛けた。

参加者は準備体操の後、
スタート。大会と同じ国道9号沿いのコース3〜20キロを各自のペースで走り抜けた。

同大会は22日からインターネット(先着順)と郵便振替(抽選)で参加申し込みを受け付ける。

練習会は、同大会への参加やフルマラソン出場を考えている人らを対象に毎年実施。同会によると、これまでに練習会を通じた同大会のフルマラソン完走者は500人以上という。

10月まで毎週日曜に開かれ、午前6時40分集合で同7時スタート。雨天中止。参加無料。問い合わせは同マラソン実行委員会事務局(電話083・231・2729)へ。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp