山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

仲良し6きょうだい プレリードック―周南・徳山動物園
2017年5月19日(金)掲載
生後約1カ月ごろのプレーリードッグの赤ちゃん(徳山動物園提供)
周南市の徳山動物園で18日、プレーリードッグの赤ちゃん6匹の公開が始まった。家族間で歯の裏のにおいを確認し合うしぐさがキスのように見え、来園者の人気を集めそうだ。

赤ちゃんは雌の「アキ」と雄の「ツヨ」の間に生まれた六つ子で雌4匹、雄2匹。飼育員が4月1日に生まれているのを確認した。体長約20センチ、体重約20グラム。

プレーリードッグ舎の中でアキと一緒に餌を食べたり、走り回ったりして元気に過ごしている。飼育員の田中優佳里さん(26)は「お母さんの後を付いていく姿やキスをする姿がかわいいのでぜひ見てほしい」と呼び掛けている。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp