山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

ポピー50万本見頃 山陽小野田市の「海の花」
2017年5月20日(土)掲載
一面に広がるポピーを楽しむ来場者=19日、山陽小野田市
山陽小野田市埴生のシステム生産農場「花の海」で約50万本のポピーが見頃を迎えている。赤とオレンジの花が約1万2千平方メートルの畑に広がり、訪れた人の目を楽しませている。

花の海では耕作放棄地などを活用して季節の花を植えており、昨年11月下旬ごろに種をまいたシャーレーポピーは今月上旬ごろに咲き始めた。21日ごろまでがピークとみられる。畑には散策道もあり、鮮やかな花の中を進みながら記念撮影などができる。

入場無料。午前10時〜午後5時に見学できる。軽食コーナーでは、フルーツの炭酸飲料にポピーの花を添えた「ポピー畑ジュース」(1杯500円)も期間限定で提供している。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp