山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

海響マラソン フル、46分で定員に 過去最短
2017年5月23日(火)掲載
無事にエントリーを完了し、喜ぶ大中嘉文さん=22日、下関市
11月5日に下関市で開かれる「第10回記念大会 下関海響マラソン2017」(実行委員会主催、山口新聞社など共催)の参加申し込みが22日、始まった。各部門の定員の9割を募集するインターネット上のウェブエントリー(先着順)は午後8時から受け付けを開始。直後から申し込みが殺到し、フルマラソンはこれまでで最も早い46分で予定人数に達した。

定員は昨年と同じでフルマラソンが1万人、5キロ(中学生、一般)と2キロ(小学生、ファンラン)が各千人。実行委事務局によると、フルマラソンは最も早かった昨年より10分早く受け付けを締め切った。2キロは58分、5キロは1時間47分で、いずれも過去最短で締め切った。

9年連続でフルマラソンを完走している下関市清末鞍馬の放射線技師、大中嘉文さん(56)は、第1回大会の記念Tシャツを着て受け付けが始まる午後8時前から自宅でパソコンに向かった。約10分でエントリーを完了し、「ほっとした。海響マラソンでの自己ベスト3時間39分を切りたい。めりはりのある練習を続け、体重を落として臨みたい」と意気込んだ。

郵便振替の募集は6月5日までで、7月上旬に結果を通知する。問い合わせは実行委事務局(電話083・231・2729)へ。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp