山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

サッカーJ2、レノファ3連敗 猿沢監督初陣飾れず
2017年5月28日(日)掲載
サッカーJ2第16節は27日、各地で7試合が行われ、レノファ山口は下関市向洋町の下関陸上競技場でFC町田ゼルビア(東京)と対戦し、0―1で惜敗した。この試合で始動した猿沢真治監督の初陣を飾れなかった。3連敗で順位を一つ落として暫定21位になった。

山口は立ち上がりに攻め込むものの、前半26分にPKから失点。サイドチェンジやロングボールで相手を揺さぶるなど攻め込む場面もあったが、シュート数が前後半で5本に封じられ、及ばなかった。

猿沢監督は「選手は100%の力を出してくれたが、私に経験がなく、力を貸してやれなかった」と振り返り、次節に向けて「シュート数の少なさやPKを与えた場面などが課題。結果を出したい」と話した。

この日は今季初の下関開催で、3369人が集まった。次節は6月3日、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で横浜FCと対戦する。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp