山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

一 般
バスケットボール男子決勝で優勝が決まり、喜ぶ豊浦の選手と応援団=11日、県スポーツ文化センター
バスケ 豊浦、徳山商工2連覇
2017年6月13日(火)掲載
山口県高校総合体育大会(県高体連など主催、山口新聞社共催)は11日、2競技で決勝があり、バスケットボールは男子・豊浦、女子・徳山商工がともに2連覇を達成、サッカーは高川学園が3年ぶりに頂点に立った。

バスケットボールは山口市の県スポーツ文化センターであり、豊浦は山口に77―38で快勝、徳山商工は慶進に81―73で勝利した。サッカーは山陽小野田市の県立おのだサッカー交流公園であり、高川学園が2―1で宇部工を下した。

県総体は同日で冬季競技を除く全競技が終了。全国高校総体は7月末から山形、宮城、福島の南東北3県を中心に開催される。
 
バスケ
【バスケットボール男子決勝・豊浦―山口】相手ゴール下でリバウドにいく豊浦の田中壱歩(4)=県スポーツ文化センター
男子バスケ 豊浦が山口突き放す
2017年6月13日(火)掲載
バスケットボール最終日は11日、山口市の県スポーツ文化センターで男女の決勝があり、男子は豊浦が2年連続26回目、女子は徳山商工が2年連続3回目の優勝を果たした。

男子の豊浦は決勝で山口と対戦。第2クオーターで一気に22点差をつけると、その後もつけ入る隙を与えず77―38で勝利した。

女子決勝の徳山商工―慶進は、第4クオーター序盤に徳山商工が連続得点でリードを広げると81―73で逃げ切った。

豊浦と徳山商工は福島市である全国総体に出場する。


男子決勝は豊浦が山口に39点差をつけて快勝。「目標は全国ベスト8」(田中壱歩主将)という言葉の本気度をコート上で証明するかのような戦いぶりで2年連続の優勝を決めた。

新チーム以降後も県内の公式戦では無敗とチーム力を維持。今大会も初戦から危なげなく決勝まで勝ち上がった。

決勝は「スタートから100%でいこう」と田中主将。第1クオーターこそ山口に粘られたが、第2クオーターは田中主将を軸に26点を奪うと守備でも相手をわずか4点に抑え、一気に突き放す。第3クオーター以降はメンバーを入れ替えながら戦う時間もあったが、それでも攻守にわたって隙を見せなかった。

昨年は全国総体、ウインターカップともに2回戦敗退。田中主将は「安定して力を発揮できるよう日々練習していく」と意欲を燃やしていた。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)2008 Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp