山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

プール舞台にコスプレ撮影会 下松、県内外から愛好家60人
2017年6月19日(月)掲載
屋内プールを舞台にコスプレの撮影を楽しむ参加者=18日、下松市
衣装やメークでアニメやゲームの登場人物になりきるコスプレの撮影会が18日、下松市平田のくだまつ健康パーク屋内レジャープールであり、県内外の愛好家約60人が参加した。

山口県のPRを目的に錦帯橋や防府天満宮など県内各地の観光名所でコスプレイベントを企画している「こすおん」(吉兼美幸代表)が開いた。

好みのキャラクターに扮(ふん)したコスプレーヤーたちは、流れるプールや波のプールで水を掛け合ったり水鉄砲を構えたりして大はしゃぎ。レフ板やストロボなど本格的な撮影機材を持参したカメラマンがポーズを指示し盛んにシャッターを切っていた。

吉兼代表は「他県の人が下松で遊び楽しんでくれるのがうれしい。今後もコスプレを通じて地域活性化につながるイベントを企画したい」と話した。

同パークのプールは25日にオープンし、9月3日まで営業する。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp