山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

「全国V目指す」下関マリナーズ、市長に意気込み
2017年7月16日(日)掲載
全国大会「ヤングリーグ選手権大会」に出場する下関マリナーズの選手たち=14日、下関市役所
下関市内の中学生が所属する硬式野球クラブチーム「下関マリナーズ」が、全国大会「ヤングリーグ選手権大会」に出場する。選手や監督ら約20人が14日、市役所を訪れ、前田晋太郎市長に日本一を目指すと誓った。

6月に光市で行われた県予選で優勝し、3回連続で同大会への出場を決めた。大会は29〜31日に兵庫県淡路市で開催される。

チームは走塁や投手を中心とした粘り強さが特徴で、堅守からリズムを生んで攻撃につなげていくのが持ち味。平日は下関球場で、土日曜日は夢ケ丘公園野球場で練習に励む。

前田市長は「優勝を目指して頑張ってほしい。周囲に感謝しながら高い意識を持ち、集中して練習して」と激励。山本雄太主将(14)=長府中3年=は「主将としてチームを鼓舞し、一丸となって日本一となるために頑張りたい」と意気込んだ。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp