山口新聞 ふるさと創生へ 県民とともに

化石発掘「面白い!」海峡メッセ下関で3D恐竜展
2017年8月13日(日)掲載
アンモナイトの化石の発掘を体験する子どもたち=12日、下関市
古代の恐竜の大きさや迫力を体感できる3D恐竜展が、下関市豊前田町の海峡メッセ下関で開かれている。15日まで。

訪れた家族連れらは、石を削って本物のアンモナイトの化石を発掘する体験や、古代の海やティラノサウルスとの遭遇を体感できるバーチャルリアリティー(VR)映像などを楽しんだ。左右に赤色と青色別々のフィルムを付けた眼鏡を掛け、特殊加工された画像などが立体的に見えるアナグリフと呼ばれる立体映像技術を用いた動画やポスターなども。

アンモナイトの化石発掘体験に参加した同市熊野小学校4年の男子児童9)は「発掘は面白く、化石は思ったよりつるつるで大きかった。ずっと昔に恐竜のような大きな生き物がいたなんてとても不思議。夏休みの自由研究などで詳しく調べてみたい」と話していた。

午前10時〜午後5時。入場料は一般400円、高校生以下200円、未就学児は無料。化石発掘体験は別途参加費千円が必要。問い合わせは海峡メッセ下関(電話083・231・5600)へ。
戻る
山口新聞ホームへ

本ページ掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山口新聞社に属します。
 Copyright(C)Minato-Yamaguchi Co.,Ltd.
お問い合わせは電子メールyedit@minato-yamaguchi.co.jp